F1は誰でも楽しめる!F1レースの歴史や基本知識を知ろう

F1fun

専門知識を知らなくてもF1は楽しめる

知識がある場合はもちろん、F1レースの魅力は予備知識がなくても見る人を惹きつける魅力があることです。またレース時間の速さから想定外のアクシデントなどもドラマチックで楽しむことができます。

レースの見どころはここにある!

スタート

レース中での緊張がピークに達する瞬間です。ここがレースの重要な決め手になることも少なくありません。20台のマシンが一斉に動き出す瞬間は圧巻の一言です。第一関門であるスタートシーンにロマンを感じる人は多いです。

追い抜き

通称「オーバーテイク」と呼ばれる追い抜きは、F1に限らずモータースポーツの醍醐味です。レースのドラマを覆すシーンなので順位の入れ替わりで最も盛り上がる瞬間でしょう。そこで盛り上がりの局面を増やすよう昨今のサーキットの設備や可変ウィングの工夫などが積極的に行われています。

ピットストップ

長時間走行レースでおなじみの作業です。ドライバーの交代やアクシデントの際のパーツの修理・交換、給油などの調整作業全般を指します。このタイミングを的確に行うことでレースの勝利を左右することも少なくありません。いかに効率よくピットインを行っているのかに注目できるのもF1レースならではです。

セーフティカー

クラッシュしたマシンの撤去や天候の関係でレース続行が難しい場合セーフティカーといわれる車両がコースインする場面があります。この車両がコースにある間、全域での追い抜きが禁止され順位の差がなくなるので、事実上の仕切り直しになります。ここでどんどん返しになることも多いので同じく目が離せない貴重な場面です。

コースやサーキットの分析

モナコをはじめサーキット・コースの設計によってどのマシンが有利かなど大まかな分析ができます。もちろんヒューマンエラーやマシントラブル、天候のコンディションなど多くの不確定要素が絡むので断定はできませんが、そういったコースの内容を把握しておくことでレースの成り行きにイメージを膨らませることができます。ここもF1ファンの楽しみの一つです。

F1の魅力

旗

F1ドライバーはこんな人

F1ドライバーはこんな人になるには規約に則ってモータースポーツライセンスの中で最も高いスーパーライセンスを所有している必要があります。なのでF1ドライバーとはその人たちのなかで活躍するのは当然のこと、なるだけでも相当のエリートだといえます。

テレビ中継で視聴できる

1994年以降、F1レースの中継は競馬などの競争スポーツと同じく定期的に配信されている。開催国に行かなくてもレース中継を視聴できることが強みでずがレースの臨場感や開催国への旅行での楽しみF1観戦の醍醐味です。

インターネットでもレースは視聴できる

イギリスのパフォーム・グループがスポーツクラブが配信サービスを利用しているため、現在では日本国内でも海外のレース中継をネットで視聴することが可能です。

F1に関する疑問

F1ってなんですか?

一言でいうとモータースポーツの最高峰です。1950年にイギリスのサーキットから発祥した歴史あるレースです。Fはフォーミュラからきていて「決まり・規定」を意味します。

どんな国で開催されているの?

発祥した1950年以来、継続的に開催されています60年代ごろまでは西洋を中心にしていましたが70年代から80年の間ではアメリカ大陸を中心に盛り上がっていました。現在ではアジア圏を含め徐々に開催国の数が増えています。

一年にどれくらいのレースをするの?

現在では年間20戦前後で開催されています。開催国でのサーキット費用がまかなえず開催中止などのアクシデントもありますがおおよそ毎年20戦ほどの開催が予定されています

ピットってなんですか?

F1レースは長時間の走行を想定しています。なので必然的にタイヤ交換、給油などのメンテナンス作業をする時間が必要になります。タイヤに関しては必ず2種類以上のタイヤを使用するなどの義務付けがあるのでどんなマシンでも必ずピットインをすることになっています。

大会のルールって変わるの?

大まかな規定などは変動することが少ないですが、その時代の具術水準に合わせてマシンのレギュレーションは変動しやすいです。しかし大会ルールのほうでも一度ついた順位が入れ替わりやすいよう工夫する動きがみられます。

レース観戦の前に情報収集しておこう

作業する人

F1を楽しむ

F1観戦ではどんな楽しみ方ができるのでしょうか?F1レースの基礎知識や、どんなドライバーが人気なのかをランキング形式でまとめています。

READ MORE
旗

F1の魅力

F1レースの楽しみ方・専門性・見どころについてまとめています。またF1について何気ないQ&Aなどについて紹介しているので、F1のことをまだよく知らないという人はぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
広告募集中