歴史や見どころを知ってF1の楽しみを見つけよう

F1fun

F1を楽しむ

作業する人

予備知識をおさえておこう

F1は予備知識がなくても中継を目にするとなんとなく目が離せなくなる、など見る人を惹きつける魅力があります。そこでルールや歴史背景、レーサーのパーソナルな部分を知っていくとよりF1を観る楽しみが広がります。

F1人気でF1を元気にしよう

若い日本人選手をがF1界で活躍しているだけで応援したくなるものです。そうしたファンがつくことでF1業界が潤い、若手のドライバーの育成などにもつながります。これらの期待から日本人F1ドライバーが世界の第一線で活躍することも期待できます。

F1観戦を趣味にしよう

世界20か国以上で開催されているF1グランプリはレースを楽しむのはもちろん、各開催国のコースやサーキットの様子を楽しむのも一興です。実勢に現地に出向いて、旅行の思い出づくりもF1レースの観戦の楽しみに加えてみてもいいかもしれません。

F1の見どころ

F1は世界最速を競うアート

F1はフォーミュラワンと呼ばれるマシンレースの略で世界最速のマシンを決める戦いです。このグランプリには車両製造者選手権が存在しこれまでに世界チャンピオンの座をかけて競い合ってきました。試行錯誤を繰り返し早さを追い求めてきた姿勢は一つのアートといえます。

デザインの工夫で早さを追求

60年代の後半にかけて空気抵抗の考察や軽量化を測った結果、羽をつけるなどのデザイン面で大きく変化していきましたそういったデザイン性の移り変わりもF1のマシンを注目していくうえでの見どころです。

マシン技術の歴史が見える

空気抵抗やダウンフォースなどの運動力学の分野や物理学の知識を転用して、マシン技術はその時々で大きな躍進を見せてきました。時代によってトレンドが違ったりエンジンの質に対応した本体の個性的なデザインなどに注目しても面白いです。

レース会場の特性によって魅力が変わる

F1のレース会場はその歴史に伴いモナコをはじめとして数多く存在します。同じ系列のマシンでもレース会場の設計によって全く違った味わいを見せます。そのメーカーの強み・改善点などコースのしくみから詳らかになっていくもの魅力ですし。多くの場数を踏んでどう克服していたのかを見守るのも一興です。

ドライバーの持ち味のよってマシンの性能が引き出される

もちろんコースやマシンの性能を注目するのも楽しいですが何よりマシンの性能を引き出す乗り手の癖によって味わいが大きく左右されるというところが最大の見どころです。

人気のイケメンF1ドライバー

no.1

キミ・ライコネン選手

フィンランド出身の2007ワールドチャンピオンです。出身国とクールな性格も相まって「アイスマン」という通称で親しまれています。鍛えられた肉体と青い瞳にブロンドヘアでベビーフェイスということありアジア圏の女性陣に人気があるようです。

no.2

ニコ・ロズベルグ選手

2012の中国グランプリチャンピオンです。ファンの間ではレオナルド・ディカプリオに似ていると評されているようです。童顔と欧米人特有の顔立ちが人気の秘訣です。子どもに恵まれたりと私生活の面でも充実しているようです。

no.3

ジェンソン・バトン

2009ワールドチャンピオンで34歳という年齢を感じさせない甘いマスクの持ち主です。特に笑顔が人気で大人の魅力も併せ持つF1レーサーです。日本のモデル・道端ジェシカと結婚していたことも記憶に新しいですね。

no.4

ニック・ハイドフェルド選手

彫りの深い深い顔立ちと渋い雰囲気が特徴的な選手です。165cmと体格では恵まれていませんが数々の記録を樹立した実績の持ち主です。現在は第一線を退いていますが、過去の活躍を調べてみるのもよいでしょう。

no.5

ネルソン・ピケJr.

有名なドライバーズチャンピオンを三回獲得したネルソン・ピケを父親に持ちます。色黒の肌にシャープな目元がチャームポイントです。一時期はクラッシュゲート事件などで好感度が下がっていましたが、父親の跡を継ぎ着実に人気を取り戻している選手です。

レース観戦の前に情報収集しておこう

作業する人

F1を楽しむ

F1観戦ではどんな楽しみ方ができるのでしょうか?F1レースの基礎知識や、どんなドライバーが人気なのかをランキング形式でまとめています。

READ MORE
旗

F1の魅力

F1レースの楽しみ方・専門性・見どころについてまとめています。またF1について何気ないQ&Aなどについて紹介しているので、F1のことをまだよく知らないという人はぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
広告募集中